セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

バレンタインチョコレートおすすめ海外ブランド

2020年1月17日 更新 2019年1月19日 公開

海外ブランドのチョコレート盛り合わせ

バレンタインの時期になると、デパートのチョコレート売り場は大賑わい。ふだん販売されていない海外ブランドのチョコレートが登場しますからね。

2019年の大丸松坂屋試食撮影会でのチョコレートをもとに、2020年おすすめ海外ブランドをご紹介します。

なお、2020年バレンタインチョコレート注目の海外ブランドはこちらで。

■■■目次■■■

【1】おすすめ海外ブランド4選

 ▶ ピエール・エルメ・パリ

 ▶ デルレイ

 ▶コンパーテス

 ▶ ブルガリ・イル・チョコラート

【2】そのほかおすすめの海外ブランド

 ▶ ル・ショコラ・アランデュカス

 ▶ エドワート

 ▶ ラ・メゾン・デュ・ケルノン・ダルドワーズ

 ▶ アーティゾン・パショネ

 ▶ シャルボネル・エ・ウォーカー

■■■■■■■■

スポンサーリンク

おすすめ海外ブランド4選

どれもカカオ豆にこだわり、プラリネやガナッシュに工夫が凝らされ、一粒一粒に込められた思いや愛情が伝わってくるチョコレート。おすすめは次の4ブランドです。

ピエール・エルメ・パリ(Pierre Hermé Paris)

ピエール・エルメ・パリのボンボン ショコラ

昨年のピエール・エルメ・パリの「ボンボン ショコラ 8個入り」です。

パティスリー界のピカソと称されるピエール・エルメのボンボンショコラは、どれも洗練された芸術品のよう。

ピエール・エルメ・パリのボンボン ショコラ

日本では数年ぶりの登場となる「ウーヴル トワ」は、ゴマの風味がプラリネやヌガティーヌと一体になったショコラ。

ブランドを代表する「イスパハン」や「モガドール」には、愛らしいイラストが描かれています。

ピエール・エルメ・パリのボンボン ショコラ

ボンボンショコラとマカロンを融合した「ショコラ オ マカロン」を含む、全8種の個性的なショコラの詰め合わせです。どれから食べようか迷ってしまいますね。

ほかにも、5個入りや14個入りがあります。

アソリュティマン ド ショコラ 8個入り

2020年は「イスパハン」が新たな装いで登場。イスパハン、モガドール、オマージュ、アンタンス、アンフィニマン プラリネ ノワゼット、ドルツェッツァ、アンパ、ショコラ オ マカロン アンフィニマン プラリネ ピスターシュ×各1個。バレンタイン限定のポップなパッケージです。

お届け期間:2020年2月12日〜2月14日
税込み価格:3,402円(大丸松坂屋)

■■■↑【目次】に戻る↑■■■

デルレイ(DelReY)

デルレイのダイヤモンドボックス

デルレイの「ダイヤモンドボックス6個入り」です。

デルレイはベルギーの宝石の町アントワープに本店を構えるショコラティエ。ダイヤの形をしたショコラは、芳醇な香りと風味でまさに食べるジュエリーです。

以前、ダイヤモンド婚を迎えたご夫婦にプレゼントしたいと探したことがありました。結局、違うものになったのだけど、プロポーズやお祝いとして贈るのに最適ですよね。

デルレイのダイヤモンドボックス

このダイヤの形のボックスがまた素敵でしょ。2019年はパッケージに「2019 70th Anniversary」の金の箔押しがあるとおり、70年記念ボックスでした。ゴールドのリボンがかかって素敵ですね。

デルレイのダイヤモンドボックス

口溶けの良いキャラメルガナッシュやダークチョコレートの中に優しい風味が特徴的なカカオを使用したガナッシュ、ほのかに甘いマンゴーガナッシュなどダイヤモンドショコラの詰め合わせです。

6個入りの他に、3個入りや10個入りもあります。

デルレイ ダイヤモンドBOX 6個入り

2020年は、口溶けの良いキャラメルガナッシュ入りのピンクダイヤモンドミルク、ダークチョコレートの中にベネズエラ産の72%カカオとオリーブオイルを組み合わせたガナッシュ入りのレッドダイヤモンドダーク、香り高いピスタチオガナッシュ入りのグリーンダイヤモンドミルク、濃厚なキャラメル&バナナのガナッシュ入りのホワイトダイヤモンドダークなどダイヤモンドショコラ6種の詰め合わせのスペシャルボックスです。

お届け期間:2020年2月11日〜2月14日
税込み価格:3,564円(大丸松坂屋)

■■■↑【目次】に戻る↑■■■

コンパーテス (Compartes Chocolate)

コンパーテスの「ラブフルーツミックス」

コンパーテスの「ラブフルーツミックス」です。

コンパーテスはアメリカ・ロサンゼルスのハリウッドセレブ御用達のショコラティエとして人気。「Chocolate is ART!」をテーマにポップでかわいい商品が次々に生まれています。

コンパーテスの「ラブフルーツミックス」

これは7種類のセミドライフルーツにチョコレートのディップをつけたもの。

コンパーテスの「ラブフルーツミックス」

フルーツはストロベリー、パイン、キウイ、アップル、マンゴー、メロン、トマトというラインナップ。半分だけのチョコがけでフルーツの形が見えるのがおしゃれですよね。

コンパーテスにはスタイリッシュなデザインのボンボンショコラもあります。

ラブフルーツミックスL

7種(ストロベリー、アップル、キウイフルーツ、マンゴー、パイナップル、メロン、トマト)のドライフルーツをチョコレートでディップしたコンパーテス一番人気の商品です。

お届け期間:2020年2月11日〜2月14日
税込み価格:2,592円(大丸松坂屋)

■■■↑【目次】に戻る↑■■■

ブルガリ・イル・チョコラート(BVLGARI IL Cioccolato)

ブルガリ・イル・チョコラートのサン・ヴァレンティーノ

2019年のブルガリ・イル・チョコラートの「サン・ヴァレンティーノ」4個入りです。

ボックスは淡いアメジストカラーで、上品な宝石箱のような佇まいです。アメジストは2月の誕生石で、別名「愛の守護石」と呼ばれているそうですよ。

ブルガリ・イル・チョコラートの「サン・ヴァレンティーノ4個入り」

BVLGARIのロゴの入った丸いチョコレートはバレンタインの定番で「ルイ・エ・レイ(彼と彼女)」。

ぶどうを煮詰めたヴィンコットとセミドライいちじくのガナッシュをビターチョコでコーティングしているのが「レイ」。

サフランと胡桃のミルクチョコレートガナッシュをホワイトチョコでコーティングしているのが「ルイ」。

それに「ヘーゼルナッツのプラリネ」と「オリーブオイルとトマト」が入っています。

ブルガリ・イル・チョコラートのジェムズ

金箔があしらわれた「レイ」はいかにもゴージャス。凝った味わいにうっとりです。

サン・ヴァレンティーノ2020 4個入り

お届け期間:2020年2月11日〜2月14日
税込み価格:4,800円(大丸松坂屋)

2020年は、日本の「抹茶&ヘーゼルナッツ」、イタリアの「アマレナチェリー&グラッパ」、中国の「ジャスミン」、ドバイの「ラクダミルク」の4粒です。口にせずとも、想像するだけでうっとりです。

■■■↑【目次】に戻る↑■■■

そのほかおすすめ海外ブランド

そのほかおすすめの海外ブランドは以下のとおり。2019年のパッケージです。どこかで見つけたら気にとめてみてくださいね。

ル・ショコラ・アランデュカス(Le Chocolat Alain Ducasse)

ル・ショコラ・アラン・デュカスの「デクヴェルト 詰め合わせ」

ル・ショコラ・アラン・デュカスの「デクヴェルト 詰め合わせ15個入り」です。

フレンチの巨匠アラン・デュカスが2013年に設立した工房のチョコレート。カカオ豆選定から始まるすべての工程を伝統的製法にのっとって手作りしているそうですよ。

日本にも三越前の東京工房、六本木ヒルズ、日本橋高島屋にありますね。

デクヴェルト 詰め合わせのパッケージ

シンプルなボックスを開けると、ガナッシュ・オリジン、ガナッシュ・グルマンド、プラリネ・ア・ランシエンヌの3タイプのボンボンショコラが顔を出します。

「ガナッシュ・オリジン」(6個)はマダガスカル、ジャワ、ペルーそれぞれの産地と風味の特徴を生かしたシングルオリジンのボンボン。「ガナッシュ・グルマンド」(4個)はライムやバニラなどフレーバーを生かしたボンボン。「プラリネ・ア・ランシエンヌ」(5個)は香り豊かなプラリネを閉じ込めたボンボンショコラです。

ル・ショコラ・アラン・デュカスのガナッシュ・オリジン

単一産地のカカオ豆から作ったショコラ「ガナッシュ・オリジン」のジャワをいただきました。カカオの奥深い旨みが感じられるダークな味わい。他のボンボンと食べ比べたい欲求にかられました。

■■■↑【目次】に戻る↑■■■

エドワート(Edwart Chocolatier Paris)

エドワートの「バレンタイン セレクション 9個入り」

エドワートの「バレンタイン セレクション 9個入り」です。

エドワートは2013年パリにオープン。2016年サロン・デュ・ショコラでオリジナリティ賞に輝き、2017年にはN.Yタイムズ紙が選ぶパリで最も優れたショコラティエの3位にランクインした注目のショコラティエです。

エドワート「バレンタイン セレクション」パッケージ

バレンタイン限定のハートのパッケージ。パリ市の紋章からインスピレーションを受けたという帆船のエンブレムがついた袋もおしゃれです。

エドワートの「バレンタイン セレクション 9個入り」

ボンボンショコラは9種類。ハートのショコラは日本限定の「桜」で、ガナッシュには桜の葉が入っています。

ほかに、インドカレーのプラリネやウーロン茶のガナッシュなど、パリで受賞歴のあるショコラがセレクトされているんですよ。

エドワート「バレンタイン セレクション」のマスカルポーネ

これはミルクの代わりにマスカルポーネを使ったガナッシュで、ミルキーでやわらかなチョコレート。美味しかった〜。

「ココナッツ」や「ハチミツ&フルーツ風味」など一粒ずつ違ったフレーバーが楽しめる詰め合わせです。

■■■↑【目次】に戻る↑■■■

ラ・メゾン・デュ・ケルノン・ダルドワーズ(La Maison du Quernon d'Ardoise)

ケルノン・ダルドワーズ

青いチョコレートとして人気の「ケルノン・ダルドワーズ」です。

ラ・メゾン・デュ・ケルノン・ダルドワーズは、フランス西部の町アンジェにある歴史あるショコラトリー。この町の青い屋根瓦をイメージしたチョコレートが「ケルノン・ダルドワーズ」です。国際菓子展で国際ブルーリボン賞にも輝きました。

ケルノン・ダルドワーズ

こんな袋に入っています。チョコレートらしからぬ色合いですが、これが美味しいんですよ。

ケルノン・ダルドワーズ

口に含んでひと噛みすると、アーモンドとヘーゼルナッツのヌガディンがカリカリと甘く崩れ、チョコレートのまろやかな甘みとともにナッツの旨みがじゅわっと広がります。

ほほー。こんな味だったのか。ずっと気になっていたので、試食できて感激でした。欲しいと思っても入手困難でしたから。

どこかで見かけたら即買いをおすすめします。

■■■↑【目次】に戻る↑■■■

アーティゾン・パショネ(Artisan Passionné)

アーティゾン・パショネの「ムシュワール・ダ・ショレ」

青いチョコレートがあれば、赤いチョコレートもあるんです。アーティゾン・パショネの「ムシュワール・ダ・ショレ」。

アーティゾン・パショネは、フランス・アンジェで2007年に創業した比較的新しいショコラトリー。

アーティゾン・パショネの「ムシュワール・ダ・ショレ」

青いチョコレートは屋根瓦でしたが、赤いチョコレートは地元の特産品、赤いハンカチがモチーフになっています。

アーティゾン・パショネの「ムシュワール・ダ・ショレ」

オレンジ風味のアーモンドペーストとプラリネが2層になっていて、食べてみるとオレンジの酸味が爽やかでソフトな口当たり。青いチョコの食感とは全く違います。

青いチョコレートと食べ比べるのも面白いですね。

■■■↑【目次】に戻る↑■■■

シャルボネル・エ・ウォーカー(Charbonnel et Walker)

シャルボネル・エ・ウォーカーの「ピンクマールトリュフ」

シャルボネル・エ・ウォーカーの「ピンクマールトリュフ」です。

シャルボネル・エ・ウォーカーは、フランスの老舗菓子店ボワシエから、1875年にロンドンへ渡ってきたシャルボネル婦人が、英国のウォーカー婦人と一緒に始めた歴史あるチョコレート店。

20世紀初頭からロンドンで流行していたトリュフチョコレートを取り入れて成功を収めた王室御用達ブランドです。

シャルボネル・エ・ウォーカーの「ピンクマールトリュフ」

ピンクマールトリュフは、香り高いマール・ド・シャンパーニュ(ブランデー)とミルクチョコレートのガナッシュを、ストロベリーフレーバーのホワイトチョコレートで包んだ定番トリュフ。

淡いピンクの丸型ボックスが素敵ですね。

シャルボネル・エ・ウォーカーのキールロイヤルトリュフ

紫色のパッケージは、キールロイヤルトリュフです。

マール・ド・シャンパーニュとブラックカラントを練り込んだフィリングをダークチョコレートで包んで、ブラックカラントパウダーをまぶしたもの。

大人の格調高いチョコレートギフトとして使えます。

■■■↑【目次】に戻る↑■■■

■関連記事リンク

男心をくすぐるレオン、ビートルなどのチョコレート

ゴンチャロフのプチデザートアラモード

ミッフィーのポーチ入りチョコレート

ムーミンの缶入りチョコレート

星の王子さまの缶入りチョコレート

薔薇のチョコレート、ラメラ、ローズデローズ他

オイルサーディンチョコレート

本命にブルガリのチョコレート

デメルのソリッドチョコ猫ラベル

スポンサーリンク

スポンサーリンク