セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

バナナのベーコン巻き

バナナのピンチョス

バナナのベーコン巻き

バナナをベーコンで巻いたピンチョスです。子どもにはおやつ、大人にはお酒のおつまみとして、うってつけ。バナナとベーコンというと、一瞬「?」な組み合わせですが、これが意外や意外、合うんです。熟してしまう前の若いバナナで作ってみてくださいね。

材料

  • 若いバナナ……2本
  • ベーコン……8枚
  • オリーブオイル……小さじ1
  • 塩、こしょう……少々

作り方

  1. バナナをベーコンの幅にあわせて切り、ベーコンをまいて、端は楊枝でとめておく。
  2. フライパンにオリーブオイルをしき、転がしながらベーコンに焼き色がつきカリッとするぐらいまで炒める。
  3. 最後にお好みで、塩・こしょうをふる。

ポイント&ヒント

バナナは熟したものではなく、まだ皮があおっぽく固いものを使います。ベーコンは燻製香のあるよいものを選んでください。

楊枝をさしていると、まんべんなく炒められないので、ベーコンが安定したら、途中でぬいて炒めてもいいですね。

一口サイズに切り分けて、レタスに包んで食べてもおいしいです。

そのほかベーコンを巻いたピンチョスでは、ドライフルーツがよく合います。デーツ、プルーン、いちぢくなどで作ってみてくださいね。ワインのおつまみにぴったりです。

スポンサーリンク

タパスの本

バナナのベーコン巻きを知ったのは、1997年に発行されたおおつきちひろさんの「タパス みんなでつまむスペインの喜び 」。多くのタパスの中に「Pinchito de Plátano」として紹介されていました。実際作って食べてみると、バナナがとろんとチーズのようで、白ワインに合う〜。スーパーなどで、棚に並べられたばかりの皮がまだ緑っぽくて固いバナナを見ると、作りたくなります。

「タパス〜みんなでつまむスペインの喜び〜」

スポンサーリンク

スポンサーリンク