セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

チュロス(チューロ)

スペインの揚げ菓子

チュロス

チュロス(Churros)は、星形の絞り口で絞り出した棒状の揚げ菓子。スペインではお祭りの屋台や町なかのバルで見かけます。チュロス専門のお店チュレリア(Churreria)もあるほど。たいていチョコレートソースをつけたり、チョコラーテ(濃いココア)に浸して食べます。おうちでは、かりっとおいしい揚げたてをどうぞ。

材料

【2〜3人分】

  • 薄力粉……120g
  • 塩……小さじ1/3
  • バター……20g
  • 水……200ml
  • 揚げ油……適量
  • グラニュー糖……大さじ1

作り方

チュロスの作り方手順

  1. 薄力粉はふるいにかけておく。
  2. 鍋に水と塩、バターを入れ、沸騰させる。
  3. 鍋を火からおろし、薄力粉を一気にいれて、手早くまぜる。
  4. 柔らかなお餅のようになるので、人肌程度に冷めたら星形口金(※)のしぼり袋に入れて好みの長さに絞り出す。
  5. 170度の油で、きつね色になるまで揚げる。
  6. 熱いうちにグラニュー糖をまぶす。

※絞り出し口金は、必ず星形を使ってください。丸い口金だと、生地が破裂する場合があり危険です。

ポイント&ヒント

絞り出し金具とチュロス生地

金具

絞り出す口金は、必ず星形にして、4〜8ぐらいの切り込みがあるものを使ってください。丸形だと生地の表面にでこぼこがなくなって、破裂する場合があり危険です。

生地を混ぜ合わせたり絞り出したりするには、けっこう力がいります。絞り出すときは、上を押さえて金口に近いほうを絞るとうまくいきます。

絞り出し金具

絞り出したときにギザギザがしっかりつく感じがいいようです。揚げている鍋の上から絞り出すのは、熱く危険なので、鍋のそばで絞り出しながら、1本ずつ手でつまんで入れます。

チュロス生地

慣れないときは、クッキングシートなどに4~5cmの長さに、いったん絞り出してから、揚げるといいでしょう。

揚げ油とグラニュー糖

揚げた後にグラニュー糖をまぶす

揚げ油は通常の油で充分ですが、オリーブオイルにすると風味よくからっと仕上がります。

グラニュー糖をまぶす際は紙袋が便利です。油を切ったチュロスを熱いうちに紙袋に入れ、グラニュー糖を振り入れて、紙袋全体をふります。そうするとまんべんなく砂糖が付きます。

ホットチョコレートとともに…

ホットチョコレート

ホットチョコレートにつけて食べるのが本場スペイン流です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク