セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

いかのローマ風

ふんわり衣のいかリング揚げ

いかのリング揚げとも言うべき、カラマーレスフリートスのローマ風(Calamares a la romana)です。ふわっと揚げるために、いろいろな作り方がありますが、これはビールを入れた衣で作ります。ビールの作用でいかを柔らかく、衣をさくっと仕上げてくれます。

材料

【2人分】

  • いか(胴体のみ)……1杯 
  • 塩……少々
  • 薄力粉(まぶし用)……大さじ1

<ころも>

  • 薄力粉(衣用)……70g
  • 水……50ml
  • ビール……50ml
  • 揚げ油……適量

<付け合わせなど>

  • ミニトマト……4個
  • パセリ……少々 
  • レモン……1/4個

作り方

  1. いかは皮をむいて、輪切りにし、軽く塩をふってペーパータオルで水分をとっておく。
  2. ボールに薄力粉を入れ、だまにならないようビール、水の順にかきまぜながら注ぎ、とろりとした衣を作る。
  3. いかに薄力粉をまぶし、衣をくぐらせて、170度で揚げる。
  4. 皿に盛って、ミニトマト、パセリ、レモンを添える。

ポイント&ヒント

ビールの他、炭酸水(無糖)を入れてもふわっとした衣に仕上がります。

揚げ油はオリーブオイルが理想ですが、植物油(菜種油やコーン油)などでも大丈夫です。

いかは火の通りが早いので、衣がほんのり色づいたら引き上げます。卵を加えないので、白っぽく仕上がります。いかに皮がついたままだと、油がはねるので注意しましょう。

レモンを全体にふりかけてどうぞ。

スポンサーリンク

もうひとつのカラマーレスフリートス レシピ

いかに溶き卵をからめて、ふわっと揚げるいかのリング揚げです。

【材料】2〜3人分

  • イカ……2ハイ
  • 薄力粉……大さじ4
  • 卵……1個
  • 塩、こしょう……少々
  • 揚げ油……適量
  • レモン……1/4個

【作り方】

  1. イカは内蔵と軟骨をとって皮をむき、胴の部分のみ輪切りにする。
  2. 輪切りにしたイカの水分をペーパータオルでふき取り、軽く塩・こしょうをふる。
  3. イカに薄力粉をまぶし、とき卵をくぐらせたらすぐに180度の油でさっと揚げる。
  4. 皿に盛り、塩、レモンを添える。

※生地が固めのときは、牛乳(大さじ1程度)でゆるめてから型に流し混む。

■■■↑ページTOPに戻る↑■■■

スポンサーリンク

スポンサーリンク