セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

マーロウのビーカープリンにはまりそう

2022年4月11日 更新 2022年2月25日 公開

葉山マーロウのビーカープリン

東京・銀座シックスで買ってきてくれたマーロウ(MARLOW)のプリン。お取り寄せしてでも食べたいって誰かが言ってたけど、まさにまさに。評判どおりの美味しさでした。ご紹介しますね。

■■■目次■■■

【1】カスタードプリンとティラミスプリン

【2】北海道フレッシュクリームプリンと黒みつのプリン

【3】カスタードとフレッシュクリームプリン食べ比べ

【4】マーロンプリンをお取り寄せ

■■■■■■■■

スポンサーリンク

カスタードプリンとティラミスプリン

マーロウのプリンの箱

はじめてのマーロウは、カスタードプリンとティラミスプリンでした。

マーロウのプリンの箱

「マーロウ(MARLOWE)」って、もしかしてフィリップマーロウから?と思ったら、そのとおり。それしか思いつかなかったのだけど、レイモンド・チャンドラーの探偵小説の主人公「フィリップ・マーロウ」から付けたらしいですよ。

マーロウのプリン

箱をあけると、うすいセロファンがかぶせてあるだけの2つのビーカープリン。特に蓋は付いていませんでした。

マーロウのプリン

このおじさんがフィリップ・マーローなわけですね。モデルはハンフリー・ボガートかな。しぶくてかっこいい。

マーロウのビーカープリン

ビーカーにはちゃんと目盛が付いています。 食べたあとに再利用できますね。賞味期間は、購入日を含めて3日間。

マーロウのカスタードプリン

まずは昔ながらの手作りカスタードプリンをいただきます。

プリンの出し方の説明書があったのに、それを無視してお皿をかぶせて振るという暴挙に出て、へなっと崩れていまいました。ああ。

プリンはほどよい固さで、なめらかな舌触り。牛乳と卵の味がしっかり感じられて、これぞプリン。しかもたっぷり180g入り。

マーロウのティラミスプリン

ティラミスプリンも、適当に竹串を使ってお皿に出してしまったため、またも失敗。いびつな形になってしまいました。

でも味わいは、素晴らしくティラミス風。マスカルポーネチーズとココアとコーヒーが相まって濃厚でクリーミー。食べ応えがありました。

これはちょっとはまりそうです。

■■■↑【目次】に戻る↑■■■

北海道フレッシュクリームプリンと黒みつのプリン

マーロウのプリンと木のスプーン

2回目のマーロウプリンは、北海道フレッシュクリームプリンと黒みつのプリンです。せっかくなので、マーロウの木のスプーンも購入です。

マーロウの北海道フレッシュクリームプリン

前回、取り出し方を失敗したのでリベンジ。説明書のとおりに、ビーカーを横向きにして、ナイフを差し込み、空気を入れて、お皿にひっくり返したところ、すとんとプリンが落ちてくれました。まあまあ成功かな?

マーロウの北海道フレッシュクリームプリン

北海道フレッシュクリームプリンのお味はというと、カスタードプリンよりもミルク感が濃くクリーミー。木のスプーンの口当たりの良さも手伝って、思わずのけぞってしまうほどの美味しさでした。なるほど、マーロウで一番人気なわけですね。

マーロウの黒みつのプリン

黒みつのプリンは黒糖のこっくりとした甘さがほどよく、後味は意外とすっきり。これまた大満足です。

次は何を買いましょう。フレーバーの種類が多いので迷うけど、やっぱりカスタードプリンは外せないなあ。

マーロウのプリンの耐熱ガラスビーカー

そうそう、この定番のビーカーは、お店に持って行くと引き取ってくれるそうですよ。リピーターには嬉しいサービスですね。

■■■↑【目次】に戻る↑■■■

カスタードとフレッシュクリームプリン食べ比べ

マーロウのプリン

プレーンなカスタードクリームプリンと人気の北海道フレッシュクリームプリン。どちらも美味しかったのだけれど、どれほどの違いがあるのか食べ比べてみました。

赤い日の丸マークの復興支援ビーカー入りがカスタードプリン。おなじみマーロウフェイスのビーカーが北海道フレッシュクリームプリンです。

マーロウのカスタードプリンと北海道フレッシュクリームプリン食べ比べ

器に出したときから違いましたね。カスタードプリンは、固めながらぷるんとした柔らかさがあり、フレッシュクリームプリンは、しっかり固めでした。

食感はカスタードプリンがつるり、フレッシュクリームはややねっとり。

お味は、カスタードが素材の味がシンプルに伝わってくるオーソドックスな味わいに対し、フレッシュクリームはクリーミーな濃厚さが加わって今風のこっくりと豊かな味わい。

カラメルソースの濃さはどちらも同じで、さらりとしています。ほろ苦さがほどよく、プリンに寄り添い引き立てる名脇役になっています。

どちらのプリンが好みかと言われれば、うーん、どっちも!(笑)

カスタードプリンは卵と牛乳と砂糖のバランスが絶妙で、素晴らしいんですよ。毎日でもばくばく食べたい。

北海道フレッシュクリームプリンは、ちょっと奮発してデザートとして食べたい時とか、お客様に出すときなど、贅沢な気分で味わいときにチョイスしたいですね。

■■■↑【目次】に戻る↑■■■

マーロウプリンをお取り寄せ

マーロウのカスタードプリンと北海道フレッシュクリームプリン

マーロウのプリンは、神奈川や東京にある直営店で販売されているほか、各地のデパートでの催事に出店することがあります。

マーロウの販売店舗(マーロウ公式サイト)

通販でのお取り寄せなら、マーロウ楽天市場店が便利です。デパートのオンラインショップで取り扱っていることもありますのでチェックしてみてくださいね。

賞味期間は、通販の場合、出荷日を含めて5日間です。

■■■↑【目次】に戻る↑■■■

スポンサーリンク

ビーカープリンのマーロウ

1984年、横須賀市秋谷に創業したマーロウ。地元の食材を使ったカフェ&レストランでした。そこでデザートとして出していた焼きプリンが好評で、テイクアウト用に耐熱カップ入りのプリンを販売したところ、大人気に。今では、逗子や三軒茶屋、そごう横浜、銀座シックス、西武池袋などにプリン専門店を構え、デパートでの催事にもよく出店されています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク