セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

京都・じき宮ざわの養生鍋をいただく

2021年12月1日 更新  2021年9月5日 公開

ハモとあわびの養生鍋

この夏、京都「じき宮ざわ」のお取り寄せ鍋セット「ハモとあわびの養生鍋」をいただきました。これが癖になるおいしさで、十三種の食材からとった薬膳だしの滋味深さったら……。

食材はすべてそろっていて、鍋にだし汁と具材を入れるだけ。おうちで「じき宮ざわ」の味が堪能できたのです。いやあ、贅沢。口福なひととき。ご紹介しますね。

■■■目次■■■

【1】じき宮ざわのハモとあわびの養生鍋

【2】薬膳出汁は癖になるおいしさ

【3】婦人画報のお取り寄せから

【MEMO】じき宮ざわ/婦人画報のお取り寄せ

■■■■■■■■

スポンサーリンク

じき宮ざわのハモとあわびの養生鍋

ハモとあわびの養生鍋

段ボール箱を開けると入っていたのが、このセット。じき宮ざわの「ハモとあわびの養生鍋」。なになになに!と取り出してみるとたっぷりの薬膳出汁と小さな容器に入った梅肉醤油。そして具材が入っている白木の折箱が2個。お品書きもありました。

ハモとあわびの養生鍋の原材料表示

白木の箱は薄紙に包まれ、原材料、内容量、消費期限、保存方法、製造者、栄養成分まで記載されています。

ハモとあわびの養生鍋の具材

具材はきれいに並べられ、うすいセロファンで覆ってありました。2〜3人前です。

ハモとあわびの養生鍋の具材

具材の並びといい、詰め方といい美しいですね。ひとつひとつ見ていきましょうかね。まずは一段目。

ハモとあわびの養生鍋のハモ

じゃ〜ん、関西ではおなじみのハモ。東京では珍しい。骨切りの包丁が細かく入っていますよ。これぞ職人技。ほれぼれします。

ハモとあわびの養生鍋の白菜

ハモの下には白菜が敷かれていました。

ハモとあわびの養生鍋のあわび

そして、あわび。大きいのがごろんごろん入っています。

ハモとあわびの養生鍋のれんこん

あわびの隣には、刻んだみょうが、黄ニラ、薄切りれんこん。

このれんこんの薄さと白さとしなやかさよ。鍋ものにレンコンをいれる場合はこうするといいんですね。下ごしらえの極意を見たような気がしました。

ハモとあわびの養生鍋のごぼう

その下に白ねぎ、ごぼう。ごぼうも鬆が入りやすい中心はくりぬくという丁寧さです。

ハモとあわびの養生鍋の具材

もうひとつの折にいきますよ。

ハモとあわびの養生鍋の鶏つくね

鶏つくね。6個。

ハモとあわびの養生鍋のしいたけ

肉厚の生椎茸。

ハモとあわびの養生鍋の水菜とオクラ

オクラと水菜。

ハモとあわびの養生鍋の粟麩

粟麩。もっちりとした生麩につぶつぶの粟が入っているのがよくわかります。

ハモとあわびの養生鍋のうどん

そして、細めのうどん。

いやあ、具材を見ているだけで京都の料理店にいる気分ですよ。野菜類は時期によって変わることもあるらしいですが、今回はこんなラインナップでした。

■■■↑目次に戻る↑■■■

薬膳出汁は癖になるおいしさ

ハモとあわびの養生鍋のお品書き

お品書きを見ると「十三種の養生鍋」となっています。

これは出汁に13種類の食材を使っているということなんですね。陳皮、くこの実、八角、大蒜、生姜、棗、どんこ椎茸、青葱、丁字、松の実、山椒、無農薬の米、無農薬の黒豆。

漢方薬でおなじみの名前もちらほら。お出汁を飲むだけでも元気がわいてきそうです。

ハモとあわびの養生鍋の薬膳出汁

さっそく薬膳出汁を土鍋にいれて温めますよ。

ハモとあわびの養生鍋

根菜類を先に入れてひと煮立ちさせてから、ほかの具材を入れて完成です。

薬膳出汁のいい匂い。いただきまーす♪

ハモとあわびの養生鍋の梅肉醤油

と、その前に、梅肉醤油。これはハモ用でしょうか。食べ慣れていないものだから、どう使っていいのかわかりませんが、少し器に入れていただいてみました。

ハモを梅肉醤油につけて

うふふ。ハモ。骨が全く気にならず、ふわふわの身がおいしい。梅の酸味と合いますねえ。鶏つくねや野菜もさっぱりといただけます。

ハモとあわびの養生鍋のあわび

アワビもやわらか。せっかくなので、薬膳出汁をすすってみると、これがまたおいしい!

すっきりとしたうま味の中に潜んでいる薬膳ならではの独特の風味。これが滋味深く、癖になるおいしさなんです。この出汁に少し梅肉醤油を混ぜてもいい感じです。

ハモとあわびの養生鍋のうどん

この出汁をまとったうどんもいいわ〜。これにミョウガやネギなどをからめるとまた格別です。夏の疲れた胃袋に染みる〜。うまーい。ありがと〜〜!(笑)

具材からのうま味も相まって出汁がさらにおいしくなったので、次の日も野菜や鶏肉などを追加して、もう一度堪能し、一滴も残らず食べ尽くしました。

じき宮ざわの養生鍋。大変おいしゅうございました。ごちそうさまでした。

■■■↑目次に戻る↑■■■

婦人画報のお取り寄せから

婦人画報のカード

じき宮ざわの養生鍋は、「婦人画報のお取り寄せ」サイトから送ってくださったようです。婦人画報の編集部で吟味し厳選されたものばかりなので、わたしも頼りにしている大好きなお取り寄せサイト。やっぱり間違いないなあ。

じき宮ざわの鍋セットは、季節ごとに新たな食材や組み合わせで登場するようなので、京都の味を堪能したくなったら、要チェックです。

お取り寄せはもちろん、在宅を確認の上、離れて暮らすご家族やお世話になった方へもどうぞ。

■■■↑目次に戻る↑■■■

スポンサーリンク

じき宮ざわ

じき宮ざわは、宮澤政人氏が2007年にオープンさせた京都・錦市場からほど近い四条烏丸にあるカウンター11席の日本料理店。「ごだん宮ざわ」オープンにあたり、2014年、弟子の泉貴友氏が引き継ぎ料理長となる。看板メニューの「焼き胡麻豆腐」をはじめ、旬の食材を使った多彩な懐石料理が人気。ミシュランガイド京都大阪にて一つ星を獲得。

じき宮ざわ 公式サイト

じき宮ざわ(一休.comレストラン)

婦人画報のお取り寄せ

婦人画報は、1905年、作家の国木田独歩によって創刊された歴史ある女性誌。発行は毎月1日発売。日本文化の継承と女性の生活を豊かにする提案を、ファッション、美容、健康、旅などをテーマに情報発信し続けている。2021年で創刊116周年。

そのなかから生まれたのが「婦人画報のお取り寄せ」のショッピングサイト。ちょっとぜいたくなお取り寄せと由緒正しきギフトがモットーで、通常ネットで販売していないスイーツや数量限定の隠れた銘品など、味にうるさい方も納得の逸品がそろっている。

■■■↑目次に戻る↑■■■

スポンサーリンク

スポンサーリンク