セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

ビジネス英会話は「話す」を重視したスピードラーニング・ビジネスで

2020年9月25日 更新 2014年7月 公開

スピードラーニングには、ビジネスシーンに特化したビジネス英会話教材「スピードラーニング・ビジネス」(2014年1月発売)があります。「スピードラーニング英語」と比較すると、「聞く」だけではなく「話す」ことに重点が置かれていることがわかります。それぞれ教材を比べてみました。

なお、「スピードラーニング・ビジネス」には、CD版の他にパソコンやスマホで使うデジタル版があります。

また、スマホにアプリを入れて聴き放題の「スピードラーニングα(アルファ)」にも、スピードラーニング・ビジネスのコンテンツが入っています。

スピードラーニング英語 CD版(全48巻)

スピードラーニング英語・ビジネス CD版(全12巻)

▼スマホ専用題▼

スピードラーニングα(アルファ)

英語のみのライトプラン・全語学聴き放題のベーシックプラン

■■■目次■■■

【1】スピードラーニング英語とビジネスの教材比較

【2】短期間に「話す」を重視したスピードラーニング・ビジネス

【3】向いているのはどちら? 試聴用CDを聞いてみる

【MEMO】英語と一緒に他言語も

■■■■■■■■

スポンサーリンク

スピードラーニング英語とスピードラーニング・ビジネスの教材比較

内容

スピードラーニング英語

旅行、生活・文化・習慣、行事、教育、政治、歴史など、さまざまなトピックの会話のストーリーで成り立っている。文法の難易にそって進むわけではないので、文法を気にせず英語での日常会話ができるようになる。

スピードラーニング・ビジネス

登場人物すべてがビジネスパーソン。外国人のいる職場での会話、取引先との交渉や接待、海外出張など、すぐに役立つ会話が多く含まれている。スモールトーク(雑談)も入り、アメリカと日本のビジネス習慣、考え方の違いもわかる。

教材・サポート

スピードラーニング英語

【教材】(初回)

  • 無料の試聴用CD
  • 『スピードラーニング英語』第1巻・第2巻(各巻ともCD3枚組)ガイドCD/聞き流しCD/口慣らしCD
  • スクリプトブック(英語/日本語)
  • スタートガイド
  • ご受講手続きに関するご案内
  • 次巻のご案内

【サポート】

  • 無料電話英会話レッスンがある。(フリートーク/リッスン&リピート)

スピードラーニング・ビジネス

【教材】

  • CD 3枚組
  • English-Japanese CD(英語-日本語)
  • English Only CD(英語のみ)
  • Situation Partner(シチュエーションパートナー)
  • スクリプトブック
  • 会報紙「BIZPedia(ビズペディア)」

【サポート】

  • 無料電話英会話レッスンがある。(フリートーク/リッスン&リピート/シチュエーショントーク)

価格

スピードラーニング英語(全48巻)

初回セット:9,400円(税別)送料無料 1巻・2巻お届け
2カ月目以降:5,100円(税別)送料込  3巻目以降は1巻ずつお届け

スピードラーニング・ビジネス(全12巻)

初回セット:6,000円(税別)送料無料 1巻お届け
2カ月目以降:6,300円(税別)送料込  2巻目以降も1巻ずつお届け

※どちらも途中解約や再開は自由。一括購入もできる。

■■■↑目次に戻る↑■■■

短期間に「話す」を重視したスピードラーニング・ビジネス

スピードラーニングといえば、「聞き流すだけ」というイメージがありますが、ビジネスは、ただ「聞き流すだけ」ではありません。聞いて「話す」ことも重要視されています。

英語を話すための練習CD「シチュエーションパートナー」が付いている。

スピードラーニング・ビジネスが、スピードラーニング英語と違うのは、聞いて話すための練習用CD「シチュエーション・パートナー」が付いていること。

まずは「英語ー日本語」の会話を聞き、慣れてきたら「英語オンリー」を聞き、その合間に「シチュエーションパートナー」で実際に口に出して言ってみる。このトレーニングを続けることで、自然に英語表現ができるようになるんですね。

5つのステップでマスターしていきます。

ステップ1:会話文を聞き流す
ステップ2:単語、フレーズレベルでの口慣らし
ステップ3:センテンスレベルでの口慣らし
ステップ4:短い対話文での練習
ステップ5:自分で考え英語で答える練習

一方、スピードラーニング英語には、口に出して練習する「スピークパートナー」という補助教材があります。「聞き流すだけ」が強調されていますが、やはり「話す」練習も必要ですよね。

スピードラーニング・ビジネスは毎月1巻ずつ、全12巻を1年で習得。会議で意見が言えるレベルを目指す。

スピードラーニング英語は、全48巻。毎月1巻ずつやったとして4年かかります。ビジネスは1年間で、会議で意見が言えるまでを目指そうというもの。より集中して取り組めます。

それぞれ教材のボリュームが違うわけですが、どちらも途中でお休みしたり、解約できるので、自分のペースですすめられます。

スピードラーニング・ビジネスはビジネス英語の他、国際社会で活躍するためのコツやビジネスマナーもわかる。

スピードラーニング英語は、学校やオフィスでの会話、買い物やレストランでのオーダー、学校やパーティでの自己紹介にスピーチと、アメリカで暮らしていく上で必要な生活全般の話題で構成されています。

それに対して、スピードラーニング・ビジネスは、外国人のいる職場での日常業務、海外出張、アメリカの取引先の接待、買い付けや契約の交渉など、働く現場での会話がドラマ仕立てで進行します。電話応対や会議、プレゼン、商談、クレーム対応など実務に役立つ会話も充実。

加えて情報誌「BIZPedia(ビズペディア)」には、世界中の人たちと仕事をしていくためのコツやビジネスマナーが紹介されているので、英語力をつけながら国際社会でのルールに慣れていくことができます。

■■■↑目次に戻る↑■■■

向いているのはどちら? 試聴用CDを聞いてみる

スピードラーニング英語もビジネスも、クラシックのゆったりとしたBGMが流れるなか、「英語ー日本語」の順に流れます。区切りにはポン♪という音が入るので会話が切り替わったことがわかります。

最初、聞き取れる英語は、すっと頭に入るのですが、わからないと日本語のほうが耳に残ってしまいます。何回か聞いてるうちに、聞き取れるフレーズが増えていき、日本語は確認するだけ。英語オンリーを聞くほうが心地良くなってきます。ただ、口に出して言えるまでには、さらに聞き込まなければならないでしょうね。

そういう意味では、ビジネスについている「シチュエーション・パートナー」はフレーズを口に出して言ったり、答えたりする数秒の間が入っているので、自ら話そうとする意識が高まります。仕事に直結していればなおのこと、上達するのも早いのではないかと思いました。

仕事上で明確な目的がある場合は、スピードラーニング・ビジネス。

「スピードラーニング・ビジネス」が発売されたと聞いて、社会人なら手っ取り早くて実用的な「ビジネス」がいいのでは?と思ったけれど(たしかにそうなのだけど)……

仕事で英会話の必要性を感じてはいるが、さほど差し迫っていないという場合は、スピードラーニング英語からがいいのではないかと思いました。生活全般をカバーしているので、旅行のときや日本に来た外国の方への対応に役立ちます。(※)

海外出張があったり、外国人社員がいたり、直接業務にかかわってくる場合は、「スピードラーニング・ビジネス」こそ最適です。すでに、話さねばならない環境にあるので、通勤途中などを利用して耳を慣らし、話す練習をして、実践で使えます。

逆に、外資系などですでに英語で仕事をこなしている人にとっては、物足りないかもしれません。なので、自分の環境や目的にあわせて決めることが第一ですね。

※2015年6月から第3巻が刷新され、「オフィスでの英会話」から「日本へようこそ」というタイトルになりました。内容は、成田空港駅での切符の買い方を教える、日本の居酒屋で日本文化を紹介する、温泉や旅館での過ごし方を説明する、といった日本の心を伝えるおもてなし英会話になっています。

教材を取り寄せ、試聴して決める。何度も聞いて判断するのがコツ。

試聴用CDは、どのような聞き流しシステムになっているかを確認するためのものだと思っていましたが、それだけじゃないんですね。数日間でどれだけ効果が実感できるか試せるものだったんです。

1度聞いたかぎりでは、内容やレベルがわかるだけ。試聴用CDでも、実際に何度か聞いていくうちに、聞き取れるフレーズが増えていることに気づきます。

なので、返品可能な10日間に、何度も聞いてみるといいと思います。そもそも「聞き流し」を習慣にできるかどうかが試せる期間なのに、1回だけというのはもったいない。自分の生活のどの時間帯に「聞き流し」ができるか、プレ体験してから判断してくださいね。

あるいは、数か月だけ受講してみるとか。

詳しい教材内容やサポート体制は、スピードラーニングの販売ページでご確認を…。またページ内にある「よくある質問」が参考になります。

スピードラーニング英語 CD版(全48巻)

初回セット:9,400円(税別)送料無料 1巻・2巻お届け
2カ月目以降:5,100円(税別)送料込  3巻目以降は1巻ずつお届け

スピードラーニング英語・ビジネス CD版(全12巻)

初回セット:6,000円(税別)送料無料 1巻お届け
2カ月目以降:6,300円(税別)送料込  2巻目以降も1巻ずつお届け

※どちらも途中解約や再開は自由。一括購入もできる。

▼スマホ専用▼

スピードラーニングα アプリ

ライトプラン 税込価格:980円(月額)
ベーシックプラン 税込価格:4,180円(月額)

■■■↑目次に戻る↑■■■

サポート

スピードラーニングには、日々の英会話習得を応援してくれるサポートがあります。

■電話会話レッスン

教材1巻につき2回、教材発送日から2カ月間、外国人スタッフと会話ができる無料会話レッスンがあります。5分程度ですが、身についた英会話力を試すのによいチャンス。ぜひ利用したいサービスです。他に、もっと長く話せる有料の電話レッスンもあります。

■会報誌「ESPRIT CLUB」

スピードラーニングには、「ESPRIT CLUB(エスプリクラブ)」というA5版の受講者向けの会報誌があります。受講者の体験談やレポート、海外情報のほか、サービスやサポートなどの案内があるので、モチベーションアップにつながります。隔月発行です。

エスプリライン MEMO

エスプリラインは、埼玉県・川越に本社をおく外国語教材の企画・開発・販売会社。1989年に、聞き流すだけの英会話教材スピードラーニングを発売。その後、中国語、韓国語、フランス語、英語ジュニアも加わる。英語にスペイン語、イタリア語、ドイツ語など他言語を含めたトライリンガルシリーズもある。

※当記事を作成するにあたっては、エスプリライン本社で行われたサイト運営者向け説明会(勉強会)で得た情報および公式サイト、メールマガジンを参考にさせていただいています。またスピードラーニングの教材写真は、エスプリライン様よりご提供いただいたものです。最新情報は、スピードラーニング公式サイトにてご確認ください。

■■■↑目次に戻る↑■■■

スポンサーリンク

スポンサーリンク