セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

花びらラッピングの花束「ペタロ・ローザ」が届いた!

2019年9月20日 公開 

ペタロ・ローザ フェミニンミックス

日比谷花壇のオリジナル花束「ペタロ・ローザ」をモニタープレゼントでいただきました。嬉しい!

ペタロ・ローザは、全体が一輪のバラの花に見えるラッピングの花束で、とってもかわいいんです。

お誕生日や記念日のプレゼントに喜ばれること間違いなし。どんな花束で、どんなふうに届いたのかをご紹介しますね。

■■■目次■■■

【1】受け取った瞬間から嬉しい花束

【2】ラッピングのしくみ

【3】ペタロ・ローザの花々

■■■■■■■■

受け取った瞬間から嬉しい花束

花束

ペタロ・ローザは、日比谷花壇のオリジナルフラワーギフト。今まで、展示会などで目にすることはありましたが、実際に手にしたことはありませんでした。

それが我が家にやってきたのです。誕生日でも記念日でもありませんでしたが、お花を見たとたんテンションアップ!

花束の配送ボックス

お花の配送ボックスは、一部が透明になっていて花束が入っているのが見えるようになっています。

配達の方が持っているときから、「うわ〜お花だ〜!」と心が浮き立ちましたが、平静を装いつつ伝票に判子を押し、手渡しで受け取りました。

箱を開けずとも花が見える。

これだと配達の方も受け取る方も丁寧に扱いますよね。取扱注意の文字よりも強い花の力です。

日比谷花壇のメッセージカードなど

箱を開けようと思ったら、伝票が貼ってあるところが膨らんでいて「同梱物、カード類在中」となっているじゃないですか。

はやる気持ちを抑え、伝票の下のビニール袋を剥がすと、中にメッセージカードやしおりの束が入っていました。これは大事です。捨てないようにしないとね。

お花の配送ボックスを開ける

いよいよ、お花とご対面です。上の蓋をあけるとパステルカラーのお花がふんわり。ああ、うっとりするほど美しい!

ペタロ・ローザ

真上から見たところです。花束は箱のサイズぴったりに作られているんですね。

ペタロローザを箱から出す

上から取り出してもいいのかもしれませんが、箱のサイドも開いたので、慎重に横から取り出すことにします。

ペタロ・ローザ花束の配送ボックス

下の台にプチプチの緩衝材のわっかが付けられ、その中に花束がすっぽり収まっています。

ペタロ・ローザ

花束を取り出して横から見ると、本当に一輪のバラの花のような姿でした。うまくできてる。かわいいね〜。

花びらラッピングのペタロローザ

生花を包んでいるラッピングペーパーも、くるんとバラの花びらみたいにまるまっていて、とってもおしゃれ。 こんな風に包むのは技術がいるんじゃないかなあ。

ちなみに、ペタロ・ローザの「ペタロ」はイタリア語で「花びら」。バラの花びらラッピングの花束なので「ペタロ・ローザ」と名づけられたそうですよ。

花束に付属のしおりやカード

同梱物・カード類は次のようなものでした。

  • QUALITY CARD(品質カード)……花が枯れていたり、折れていたり、破損していた場合に、記載されているお客様相談室のフリーダイヤルに連絡すれば対応してもらえます。
  • お手入れのしおり……生花(アレンジメントや花束)の取り扱い方法やお手入れの仕方が載っています。
  • 切り花長持ち剤……花瓶に生ける際、水に薄めて使うと(水500mlに対して1袋)お花が長持ちします。
  • ポストカード……花の写真の絵はがきです。
  • メッセージカード……贈り主からのメッセージが書かれています。

今回は何の問題もありませんでしたが、もし花の状態がよくなかった場合は、配達伝票を用意して即、電話連絡ですね。同等の品物を改めて届けてくれるようです。

【日比谷花壇】バラの形の花束 ペタロ・ローザ「フェミニンミックス」

■■■↑目次に戻る↑■■■

ラッピングのしくみ

ペタロローザ

このペタロ・ローザが届いたら、記念に写真を撮りたいですよね。手に持つとこんな感じ。花束のサイズは直径約38cm、長さ約40cmで存在感があります。お祝いの会でしたら、みんなで囲んで写したいところです。

ペタロ・ローザをほどく

花びらのラッピングが素敵なので、このまま飾っておきたいくらいですが、花束ですからそうはいきません。リボンをほどいて早く花瓶に生けないとね。

ペタロ・ローザのラッピング

リボンをほどくと、ラッピングの花びらが1枚ずつはらりはらりとはがれていきます。

ペタロ・ローザのラッピングペーパー

こんな花びらペーパー6枚で作っていたのですね。このラッピングペーパーは日比谷花壇のオリジナルで、意匠登録しているそうです。だから他のお花屋さんでは扱っていない貴重な花束なんですよ。

花束のエコゼリー

切り口から結構長めに保水剤(エコゼリー)入りの袋に包まれ、漏れないようしっかりと留めてありました。このおかげで鮮度を保ったままのフレッシュなお花が届いたのですね。

花束を花瓶に生ける

茎の先を少し水切りして、花瓶にそのまま生けるだけで、バランス良くサマになりました。プロが選んだ花ですからね。もちろん水には添付の「切り花長持ち剤」を入れました。

■■■↑目次に戻る↑■■■

ペタロ・ローザの花々

大きな花瓶にそのまま生けてもいいのだけれど、少しずつ小分けして飾るのもいいですよね。翌日、それぞれ花ごとに取り出してみました。

ペタロ・ローザ「フェミニンミックス」に入っていた花は大きく分けて3種類。

デルフィニウム

涼しげなブルーな小花のデルフィニウム。か弱そうに見えて長持ちするタイプのよう。

バラ

大きめのバラ(オレンジとピンク)とスプレーバラ(ピンク)。

カーネーション

カーネーションは大輪(オレンジ)と普通サイズ(ピンク)と小ぶり(黄緑)。

花の種類は少ないのに、色もサイズも様々で華やかです。単独で飾ってもいい感じ。

生花アレンジメント風

花器を変えてアレンジメント風に生けてみたり、籠やポットに分けて飾ってみたり。

花をポットや籠に生ける

その後も花の状態を見ながら、少しずつ生けて楽しみました。

ペタロ・ローザのシリーズには、必ずといっていいほど、バラが使われています。やはりバラの形のラッピングですから、欠かせない花なのでしょう。

お誕生日や結婚記念日などのお祝いの他、退職や異動の際の花束としてお渡ししても良さそうです。

思い出に残る花束を贈りたいと思ったらペタロ・ローザ。本体価格5,000円台から販売されています。

■■■↑目次に戻る↑■■■

日比谷花壇オンライン会員の特典

入会費無料のオンライン会員になると、次のようなサービスが受けられます。

・メルマガに登録すると、eクーポンやプレゼントキャンペーンなどのお得情報がもらえる。

・マイページに住所を登録すれば、2回目からは入力の必要なし。購買履歴が残るので、誰にどのような花を贈ったか確認できる。

・マイカレンダーに、誕生日や記念日などを登録しておくと、リマイダーメールで知らせてくれる。

・オンライン会員になってスマホサイフアプリをダウンロードすれば、店舗で使えるポイントカードが作れる。500円で1ポイント。30ポイントで季節のお花プレゼント。

■■■↑目次に戻る↑■■■

スポンサーリンク

スポンサーリンク