セニョーラ・あ〜の気ままな食卓

日比谷花壇の花束作りに学ぶ、花の選び方・飾り方

2019年8月24日 公開 

秋の花束

先日、日比谷花壇のフラワーギフトサロン(ブロガーやサイト運営者向けに開催しているイベント)で、デザイナーによる花束作りの実演を見てきました。

やっぱりプロは違うわ〜。花っていいわ〜。

商品展示の他、フラワービュッフェで花選び体験もでき、自分でも飾ってみましたのでご紹介しますね。

■■■目次■■■

【1】フラワービュッフェで花を選ぶ

【2】デザイナーによる花束作り

【3】選んだ花を飾る

【4】自宅で花を楽しむヒント

【メモ】日比谷花壇

■■■■■■■■

日比谷花壇

フラワーブッフェで花を選ぶ

フラワービュッフェ

この花たちを見て〜。きれいでしょう。

イベント会場に設けられたお花屋さんのようなフラワービュッフェ。この中から好きな花を選んで、花束にして持ち帰れるという趣向です。

用意されていた花は、日比谷花壇の秋のギフト商品によく使われている花ばかり。

リンドウ、ワレモコウ、バラ、カーネーション、モカラ、ドラセナ、リシアンサス……。

菊いろいろ

菊もいろんな種類がありました。丸いポンポンマムから、色とりどりのスプレーマムまで。

条件としては「なるべく違う花を1本ずつ10本程度選ぶ」。

どれにしよう〜。いざ選ぶとなると、意外と難しいんですね。1本に花が1つだけのものもあるし、枝分かれして小花が多いのもあるし、葉だけのもあるし。

同系色でまとめると無難そうだけど面白みはないし、形や色がバラバラだととっちらかってしまいそうだし。

散々悩んで、自分なりにチョイスし、お花屋さんで自宅用として買うような形(保水ゼリーを茎元に巻き花用の袋に入れる)にして持って帰りました。

どんな花だったかは、また後ほど……。

■■■↑目次に戻る↑■■■

デザイナーによる花束作り

花束づくり

ここからは日比谷花壇の福井シニアデザイナーによる花束作りの実演です。手にもっているのはピンクのケイトウ。秋らしい花ですね。

花束を作るときは、その時期だけの花を入れると季節感がでるので積極的に使うといいそうです。

花束に使う花

そのほか花材には、黄色い蘭(モカラ)、スプレーマム(ピンクモナリザ、ダンテレッド)、ドラセナ、赤い実のヒペリカム、カーネーション(バイパーワイン)、ワレモコウなど。

花束を作る準備として、花の茎の下部の葉をシュッと取り除いていました。けっこう大胆に。

花束作りの過程1

まず、束にしていく花を左手に持ち、足していく花を右手に持ちます。 この場合、左手にケイトウ、右手にスプレーマムです。

それに、オレンジ色のバラ(ケニア産)、カーネーション、ヒペリカム、ワレモコウと加えていきます。

左手は花束の茎を握りつつ、右手で花を選び加える位置を決めているようなのですが、その所作に迷いがなく鮮やかです。

もうこの時点で、ミニブーケになっていますよね。というか、どの段階でもブーケとして完成されてるからスゴイです。

花束作りの過程2

それから、葉物のドラセナを背面に添わせます。さらに黄色いモカラを入れて、左手の中で花束が完成しました。

赤と黄色系の花がうまく溶け合っていますね。

花束作りの過程3

次に、左手に握っている茎の束を麻紐で結び、茎の下の部分を切りそろえます。茎元を保水ゼリーの入った袋で包み、いよいよラッピングです。

花束作りの過程4

ラッピングにも流行や好みがあるようですが、今回は秋らしく、ダークブラウンとゴールドの紙を使って仕上げます。

大きな紙でくるんと包むのではなく、何枚もある紙を折っては添わせ折っては添わせ、ひだを作ってギザギザと変化のあるラッピングになりました。ゴールドのリボンを結んで出来上がりです。

秋の花束完成

うわ〜、すてき〜!

こんなのもらったら大感激ですね。ケイトウが揺れ、ワレモコウがはねて、明るい秋の日差しや風が感じられる豪華な花束になりました。

■■■↑目次に戻る↑■■■

選んだ花を飾る

さて、フラワービュッフェでわたしが選んだお花がこちらです。

フラワービュッフェで選んだ花

なんか取り合わせがダサいけど……

  • ケニア産のバラ(オレンジ色)
  • ミニバラ (赤)
  • リンドウ(紫)
  • リシアンサス(クリーム色)
  • 蘭モカラ(黄)
  • ヒペリカムの実(赤)
  • カプチーノという品種のドラセナ(赤茶色)
  • アイビー(赤茶)
  • リキュウソウ(緑)

よく見たら、秋らしい花といえば、リンドウくらいで菊を1本も入れていませんでした。あちゃ〜。

花色の分量もトーンもバラバラ。花を選ぶ段階から、飾ったときを想定しないといけなかったですね。

リンドウとバラを急須に生ける

で、3種類に絞って、リンドウとミニバラとアイビーを生けてみました。これはお気に入り。

花器を急須にしたのは、食器や鍋に生けるのが好きなのと、今年は大地系のものが流行ということなので、それも意識して。

リシアンサスとリンドウ

あと、小分けにしても飾りました。リシアンサスがふわふわのソフトクリームみたいな趣きだったので、それにフルーツを添えるような気持ちで花を持ってきました。

器はスペインのフレッシュチーズが入っていた素焼きの容器を利用。

リシアンサスのアレンジ

リシアンサスとリキュウソウに、リンドウ、モカラ、ミニバラのバージョンを3個。これらを並べて飾ったり、それぞれ別の場所に置いて楽しみました。

食卓の花

食卓にも……。小さく活けておくと、気軽に場所替えできるからいいんですよね。

ガラスの小さなフラワーベース

ボブクラフトフラワーベース 3点セット icon

そうそう、今回の展示の中にかわいらしいフラワーベースがありました。一輪挿しにちょうどいいガラス製のフラワーベース3点セット。

ガラス製一輪挿し

手に持つとこのくらい。どんな花でも、ちょこんとかわいく飾れそうです。

こんなフラワーベースがあると、花束を貰ったときに最後の花まで活けられるし、野の花やハーブを飾ってもいいですよね。

シンプルでおしゃれなフラワーベース、案外とお手頃価格です。

■■■↑目次に戻る↑■■■

自宅で花を楽しむヒント

カタログ

自宅で花を楽しむヒントは、日比谷花壇オンラインショップでも得られます。

自宅用の切り花やキット販売の他、お花の飾り方などが紹介されている「FLOWER STORY」や季節の花の紹介、お手入れ方法などのお役立ち情報があるので、チェックしてみてくださいね。

FLOWER STORY icon

あと、カタログやサイトに載っているギフト商品を眺めるだけでも、花を選んだり飾るときの参考になりますよ。花の組み合わせや色合わせが洗練されてて、なにより目の保養になる!

日比谷花壇では、お花の定額制アプリ「ハナノヒ」なんてサービスも始まったので、店舗がお近くにある方は利用してみるのもいいかも。

日比谷花壇のお花の定額制アプリ「ハナノヒ」 icon

■■■↑目次に戻る↑■■■

スポンサーリンク

日比谷花壇

日比谷花壇は明治5年創業。戦後の東京復興計画の一環として公園に花屋を…と、当時の都知事より要請され、日比谷公園内に出店したのが始まりです。

現在、フラワーショップは全国に約200店舗。さらに環境や花育、ウエディング、お葬式、高齢者福祉や生活支援、海外事業など幅広く展開する企業となっています。

オンラインショップにおいては、花束やアレンジメントなどが常時200~300品。品質の良さと洗練されたフラワーデザイン、きめ細かなサービスには定評があります。

各種イベントやプレゼント、モニターキャンペーンも多く、様々なかたちで、花のある暮らしを提案し続けています。

日比谷花壇の品質保証

日比谷花壇から届けられる商品には、3つのサービス(品質保証)が付いています。

品質保証カード

1)高品質を約束する「QUALITY CARD」

取り扱い商品のすべてに「QUALITY CARD」が付いています。これは商品が届いた時に、万一しおれていたり破損していた場合、お客様相談室に連絡すれば取り替えてくれるサービスです。

2)お手入れのしおり

お花を長く楽しむためのお手入れガイドです。切り花の場合には、切り花長持ち剤が入っています。

3)花の写真のポストカード

送り主とお届け先とのコミュニケーションに役立ちます。受け取った方がお礼状として出してもいいし、使わなければ、飾っておいても。

また、発売前に全商品の配送テストを実施し、問題がないかチェックをしているので、配送の点においても安心です。

日比谷花壇の会員特典サービス

入会費無料のオンライン会員・メルマガ会員になると、次のようなサービスが受けられます。

・メルマガに登録すると、eクーポンなどのお得情報がもらえる。

・マイアドレス帳に住所を登録すれば、2回目からは入力の必要なし。

・マイカレンダーに、誕生日や記念日などを登録しておくと、リマイダーメールで知らせてくれる。

・購買履歴確認で、過去に何を贈ったかがチェックできる。

・抽選でお花が当たるプレゼントキャンペーンに参加できる。

・ウエディングサービス、お葬式サービスの優待割引がある。

・ポイントがたまるアプリ「スマホサイフ」に対応している。

■■■↑目次に戻る↑■■■

スポンサーリンク

スポンサーリンク